CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
SEARCH

OTHERS
ピアノワークス
YAMAHA W100MC
中古情報! / pianoworks


YAMAHA W100mc です。
デザインも仕上げも、全体の状態もとても良いです
試弾できます。

SOLD
| comments(1) | trackbacks(0) |
pagetop
ピッカー
Tuner K の不定期日記 / pianoworks


発音や音色を調整するための工具です。
先端に針が付いていてハンマーフェルトに刺して使います。
5種類のピッカーを駆使しています。ハンマーの状態に合わせて
使い分けます。
それぞれ、針の数、太さ、長さが違い、ハンドル部の長さ、重さ、太さ、
木の材質も好みに合わせて制作してもらっています。
針も今まではドイツ製またはイギリス製を使っていましたが、今はこのピッカーの
制作者の北村氏の制作した針を愛用しています。この刺し心地がすこぶるよいです。
またまたマニアックな工具の紹介でした。


| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
外山啓介さんのコンサート
Tuner K の不定期日記 / pianoworks
外山啓介さんのリサイタルが8月8日に札幌、10日に旭川で行われました。
今回の演奏曲目は、前半は今年発売されたCDの中からフランスの作曲家の作品を、
後半はショパン、というプログラムでした。
この模様は外山さんのH.Pにアップされています。
http://www.keisuke-toyama.com/message.htm 
外山さんは演奏を聴くたびにスケールが大きくなっていきます。これからも目が(耳が)
離せないピアニストです。この秋からドイツに留学が決まっているようですが、
帰国の際には、ぜひ演奏をして欲しいと思います。私たちは、まだ若い外山さんを
ずっと応援して行きますし、見守って行きます。
外山さんにとって札幌そして北海道は、『ホーム』なのですから。

| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
及川浩治さんの奈井江のコンサート
Tuner K の不定期日記 / pianoworks
奈井江町のコンチェルトホールで及川浩治さんのコンサートがありました。
ラフマニノフプログラムでした。とてもいい演奏会でしたね。
演奏も凄かったし、スタッフのみなさんが素敵な方々で、感謝感謝です。
及川浩治さんのH.Pにそのときの模様がUPされていましたので紹介します。

http://www.koji-oikawa.com/message.htm
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
辻井伸行デビューリサイタル
Tuner K の不定期日記 / pianoworks
2月26日、また素晴らしいピアニストに出会えました。
あれが、全く目の見えない人の演奏とは、、、驚きです。
プログラムの中の、横山幸雄さんのコメントどおり、心を揺さぶる演奏でした。
裏方スタッフ、そしてお客さん、皆が暖かい気持ちで見守っていたような
素敵なコンサート。
「またきてね!」と言って辻井君とお母さんを見送りました。
もっとスケールの大きいピアニストになってくれることでしょう。

| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
ファジル・サイ
Tuner K の不定期日記 / pianoworks
私の好きなピアニストです。
『天使と悪魔が同居している』と、批評されていました。
頷けますね。 云い得ていると思います。
また札幌にきて欲しいです。今年の秋には、、、?
| comments(3) | trackbacks(0) |
pagetop
舘野泉さん
Tuner K の不定期日記 / pianoworks
先日、舘野泉さんの仕事をさせていただきました。それは幸せな時間。
初めて舘野さんの演奏会の仕事をしてから何年たつだろうか。
いつも、いろいろなことを教えてくれる。
厳しい指摘もあるが、その演奏家としての厳しさの裏側には、
例えようのない大きなやさしさがある。
ふれあった事のある方ならわかって頂けるでしょうが、皆暖かい気持ちになるような、そんなとても素敵な方。 
病に倒れてから、そして見事ステージに復帰されてから、今回初めて右手を
使って演奏されていた。 嬉しくて仕方なかった。
吉松隆さんをはじめ、幾人かの作曲家が、舘野さんに左手のための曲を書いて、それぞれの演奏から大きな感動を受けました。そして今後もそのレパートリーは増えていくのでしょう。 更には両手を使う曲での舘野さんの演奏を心待ちにしている方もたくさんいるのでしょう。
私も、技術者として、舘野泉ファンとしてその日を心待ちにしています。
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
及川浩治さんの新譜CDがでた
Tuner K の不定期日記 / pianoworks
激情のベートーベン。まさに激情の演奏です。こういうピアニストは他にいませんね。CDでも、聴き終わった充実感がこんなにあるのですが、今年の12月20日には札幌コンサートホールで聴けますので、今から楽しみです。 是非、聴いて頂きたい一枚です。
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
Tuning hammer 2
Tuner K の不定期日記 / pianoworks
新しいTuning Hammer 届きました。
とてもいいです。握った触感、肌触りが心地いいです。
見た目も非常に美しく、きれいな虎目がたまりません。
さて音は、これはもう少し使ってからにしますが、柔らかさはあります。
これも手放せなくなる一品です。New Tuning Hammer Handle
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
Tuning hammer
Tuner K の不定期日記 / pianoworks
調律のハンマーを集めていました。
オールドのヴィンテージものから、最新のオーダーで作ってもらったもの
まで。 それぞれ使用感が違いますし、出来上がった音にも違いが出ます。
今ではもう手に入らない米国HALE社の物も数本あります。
独国JAHN社の物も数種類取り寄せていろいろ試しました。
中でも私の友人の北村氏に特別製作してもらったものがお気に入りです。
とにかく抜群の操作性です。  私はグリップエンドをつかむので、
ボール型で直径45mmが心地よくフィットします。
木材はハワイのコア材を使っています。出音はエネルギーがでる上、柔らかい音が出来上がります。
更に現在、もう1本作ってもらっています。この材料はヴァイオリンの
バックで使用される、貴重なイタリアのクレモナのメイプル材です。
チェロのネックになるはずだった部分です。 さて、どんな音がでて
くれるのかとっても楽しみです。

Tuning Hammer

| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
<< | 2/4 | >>

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--