CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
SEARCH

OTHERS
ピアノワークス
ペッツォルト 組曲 ト長調
o san nikki / pianoworks
ペッツォルトとは何者か?とここを見てくださっている方から尋ねられそうですが、すいません、私も詳しいことは分かりません。知っていることといえば、せいぜいのところ、ドイツバロックの作曲家で、ドレスデンでオルガニストをしていた、といったことくらい。しかし、彼のこの作品(の一部)は、すべての音楽愛好者が知っていると言っても過言ではないのです。
そろそろ種明かしをいたしましょう。彼こそは、「アンナ・マグダレーナ・バッハのためのクラヴィーア曲集(1725年)」に書き込まれた、ト長調+ト短調の2曲のメヌエット(BWV.Anh114.115)通称「バッハのメヌエット」と呼ばれる曲の真の作者なのです(れーそらしど、れーそっそっ、で始まるあれです)。
そのメヌエットを含む組曲の全曲は、現在、赤い表紙でおなじみのウィーン原典版の「アンナ・マグダレーナ・バッハのクラヴィーア小曲集」の中に付録として収録され、手軽に入手できるようになっています。全曲を通じて平明で親しみやすい作品ですが、アルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグのバロック組曲の定番の曲のほか、最初に前奏曲、サラバンドとジーグの間に、ブーレと件のメヌエット(とトリオとしてのト短調メヌエット)、そして締めくくりにパスピエ(とトリオ)がついており、なかなか本格的。組曲全体の中に「メヌエット」をおいてみると、また新たな魅力が感じられるかもしれません。また、簡潔ながらも一通りの舞曲がそろったこの作品には、バロック組曲への入門曲としての価値もありそうです。
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
<< お薦めの音楽書 | main | ピアノ調律について >>









url: http://blog.pianoworks.jp/trackback/243871

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--