CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
SEARCH

OTHERS
ピアノワークス
1904年製 Steinway
Tuner K の不定期日記 / pianoworks
私が所有しているスタインウェイは、1904年製です。今年102歳になります。実に個性的に歌います。当時の出荷台帳を調べてもらいましたら、ハンブルクの工場で生まれて、その年の11月26日にロンドンに出荷されました。そして当時その高価なピアノを購入できる誰かの家に迎えられたのでしょう。
1995年にロンドン市内で売りに出されて、日本の輸入業者が買い付けてその年の8月に遥か海を渡り日本にやってきました。すぐにその業者から連絡が入り、対面した訳です。
その時には一緒に海を渡ってきたピアノたちが数台並んでいましたが。他のピアノはほとんど目に入りませんでした。外観は痛んでみすぼらしくはありましたが、その歌い方は明るく、軽やかに訴えかけてくるもので、その場から動けなくなりました。一目惚れしたんですねー。
我が家にやってきてもう10年です。自分のピアノはなかなか触ってあげることができずにいます。みてくれもボロボロのままですが、その個性はかわらずにいてくれています。
スタインウェイピアノとの出会いから、その運命を考えると、遠い異国で生まれてからのことから、これからのそのピアノと共に歩んでいける喜びや、やがて自分の次に誰かに使ってもらえるだろう可能性が、とてもいとおしく思えてくるのです。
私のピアノのことは、また機会に書こうと思います。
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
<< シューマン=ドビュッシー:6つのカノン風練習曲 | main | モーツァルト:6つのウィーン・ソナチネ >>









url: http://blog.pianoworks.jp/trackback/203229

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--