CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
SEARCH

OTHERS
ピアノワークス
シューマン=ドビュッシー:6つのカノン風練習曲
o san nikki / pianoworks
今年はモーツァルトの生誕250年のメモリアルイヤーで盛り上がっていますが、他にもショスタコーヴィチなど、今年が記念年となる作曲家がいます。シューマンも今年が没後150年の節目です。先日、朝日新聞が行ったクラシックの作曲家に対するアンケートの結果を見たところ、「好きな作曲家」については、モーツァルトが圧倒的な一番人気なのに対して、シューマンは相当な不人気ぶり。
(詳しい内容は ttp://www.be.asahi.com/20060311/
             W17/images/08DNP016.jpg をどうぞ)
ただ、よく考えてみると、一般に良く知られているシューマンの曲というと、「トロイメライ」くらいしかないことに気がつきます(ピアノを勉強したことのある方なら、さらに「楽しい農夫」を思い起こすかもしれません)。実際のところ、シューマンは有名なようでいて、あまり知られていない作曲家なのではないでしょうか。
さて、この作品はそんなシューマンの中でもことにマイナーな部類に属しています。というのも、これはペダルのついた特殊なピアノのために書かれたもので、残念ながらそのままで普通に演奏できるものではないのです。ペダルフリューゲルと呼ばれるこの楽器にシューマンは大きな将来性を感じていたらしいのですが、その予測は完全な的外れに終わり、作品だけがひっそりと残されました。
しかし、曲はシューマンらしいふくよかな音楽性のあるとても美しいもので、つくづく知られていないのが惜しい存在です。幸いなことに、ドビュッシーによる2台4手用の編曲が日本で出版されています。技巧的にはそれほど難しい作品ではないので、ぜひチャレンジしてみてください。
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
<< 山下洋輔さん | main | 1904年製 Steinway >>









url: http://blog.pianoworks.jp/trackback/201850

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--