CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
SEARCH

OTHERS
ピアノワークス
アルバム造りました
Tuner K の不定期日記 / pianoworks

<h1-4.pdf>

| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
ピアノの仕組みのお話し
Tuner K の不定期日記 / pianoworks

ピアノの仕組みのお話です
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
野本晶子ピアノリサイタル
Tuner K の不定期日記 / pianoworks

2013.3.8 Fri 19:00 Kitara小ホール

『ショパン・ア・ラ・エスパニョーラ』

野本晶子ピアノリサイタル20130308
画像をクリックすると大きくなります

お問い合わせ info.pianoworks@gmail.com
 
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
ドイツ製ピアノ椅子
Tuner K の不定期日記 / pianoworks
アンデクシンガー ドイツ製ピアノ椅子
http://andexinger.jp/products.html

素晴らしい椅子です。
私の知り合いが販売を始めましたので、興味ある方はお問い合わせ下さい。

| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
野本晶子ピアノリサイタル 
Tuner K の不定期日記 / pianoworks
 2011.8.6 Sat 19時 札幌市時計台ホール

『Piano Romantico   〜バルセロナの風〜』

画像をクリックすると大きくなります

お問い合わせ info.pianoworks@gmail.com

野本晶子ピアノリサイタル

| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
弾きやすいピアノ
Tuner K の不定期日記 / pianoworks
最近、弾きやすいタッチについて考えている。 鍵盤の動きやアクションの調整が『タッチ』を
作り出す訳だが、さらに大きな要素に『音』がある。発音、音色の変化、伸びやかさなどである。

ピアノの調整をするのは技術者なので、まずは弾きやすさの判断を技術者がしなければいけないのですが、ピアニストのような演奏をして確認することは実際にはできないので、自分なりの判断基準を持つことが必要になります。これが難しい。

通常は音律を合わせた時点で弾きやすくなりますが、技術者は実際に弾いて確認するものです。
この確認をせずに、『仕上がりました』はありません。 
鍵盤がストレスなく動くか、重さ深さはどうか、連打が弾けるか、PPP〜FFFまでコントロールできるか、発音のタイミングが心地よいか、止音は揃っているか、ペダルは弾き手の思い通りに機能しているか、などなどです。これからピアニストの演奏に応えるという仕事になります。
これが難しいのです。ピアニストのように弾ければよいのですが、、、弾き手の思いを感じ取ること、それを作業に置き換えることが一番重要です。私は基準とされている調整が正しいとは思いません。音楽のための調整が最優先されるべきだと思っています。
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
辻井伸行さん優勝!
Tuner K の不定期日記 / pianoworks
第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールにおいて辻井伸行さん(20歳)が優勝しましたね。うれしいですね!すごいです!

コンサートも決まりました。10/27(火)札幌Kitara大ホールにて開催されます。楽しみです。
チケットは7月に発売されます。詳しくは、オフィスワンへお問い合わせください。
http://www.officeone.co.jp/topics/index.html
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
ピッカー
Tuner K の不定期日記 / pianoworks


発音や音色を調整するための工具です。
先端に針が付いていてハンマーフェルトに刺して使います。
5種類のピッカーを駆使しています。ハンマーの状態に合わせて
使い分けます。
それぞれ、針の数、太さ、長さが違い、ハンドル部の長さ、重さ、太さ、
木の材質も好みに合わせて制作してもらっています。
針も今まではドイツ製またはイギリス製を使っていましたが、今はこのピッカーの
制作者の北村氏の制作した針を愛用しています。この刺し心地がすこぶるよいです。
またまたマニアックな工具の紹介でした。


| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
外山啓介さんのコンサート
Tuner K の不定期日記 / pianoworks
外山啓介さんのリサイタルが8月8日に札幌、10日に旭川で行われました。
今回の演奏曲目は、前半は今年発売されたCDの中からフランスの作曲家の作品を、
後半はショパン、というプログラムでした。
この模様は外山さんのH.Pにアップされています。
http://www.keisuke-toyama.com/message.htm 
外山さんは演奏を聴くたびにスケールが大きくなっていきます。これからも目が(耳が)
離せないピアニストです。この秋からドイツに留学が決まっているようですが、
帰国の際には、ぜひ演奏をして欲しいと思います。私たちは、まだ若い外山さんを
ずっと応援して行きますし、見守って行きます。
外山さんにとって札幌そして北海道は、『ホーム』なのですから。

| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
及川浩治さんの奈井江のコンサート
Tuner K の不定期日記 / pianoworks
奈井江町のコンチェルトホールで及川浩治さんのコンサートがありました。
ラフマニノフプログラムでした。とてもいい演奏会でしたね。
演奏も凄かったし、スタッフのみなさんが素敵な方々で、感謝感謝です。
及川浩治さんのH.Pにそのときの模様がUPされていましたので紹介します。

http://www.koji-oikawa.com/message.htm
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
| 1/3 | >>

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--